キノシタケ
鎌倉に移住した夫+妻+娘のブログ

【韓国ソウル編その5】ぶらぶらと市場散策&帰国。

ソウル滞在5日目は、友人夫婦と別れのあいさつを済ませた後、ミョンドン(明洞)へ繰り出しました。原宿や心斎橋のような雰囲気。ハングルの表記以外に日本と違っているところを探すほうが難しい。

th_P1160730

お昼にアワビのお粥を頂いて、

th_P1160756

食後は、友人がお薦めしてくれた「ソルビン」で、きな粉のピンス(かき氷)を味わう。氷の質がきめ細かく、素材重視な味付で、日本のものよりもこちらのほうが僕の好みでした。

th_P1160763

ミョンドン近くの街並み。高層ビルが立ち並ぶ。

th_P1160768

ミョンドンから次の目的地までチョンゲチョン(清渓川)沿いを歩く。整備・舗装された人工的な川だったので、大阪の中之島のイメージに近いかな?

th_P1160729

本日の目的地のカンジャンシジャン(広蔵市場)に到着。

th_P1160774

ものすごい人混み。

th_P1160784

チヂミって「焼く」というよりも「揚げる」に近い料理なんだなと初めて知りました。

th_P1160786

海産物がテーブルに並んでいて、その場で選んだものを調理してくれる模様。刺し身を提供している屋台もあって驚きました。

th_P1160778

他にも野菜が売っていたり、

th_P1160783

キムチがあったり、

th_P1160781

お菓子が売っていたりと、そぞり歩くだけで楽しい。

th_P1160782

そして、ソウル最後の晩餐は、牛のホルモンスープで締める。見た目以上にあっさりとした味わいで、辛いものが続いた後はええんじゃないでしょうか。

th_P1160794

次の日、ソウル滞在6日目の早朝に、仁川国際空港から日本に無事帰国しました。

蛇足ですが、ソウルでは朝5時台に市バスがびゅんびゅん走っていて、しかもなかなかの混み具合で、「ソウルの人たちはめっちゃ働きものなのか?」と疑問が湧いてしょうがなかった。観光産業が日本よりも成熟しているんですかね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です