キノシタケ
鎌倉に移住した夫+妻+娘のブログ

帰国のご報告

ブログでのご報告が随分と遅くなってしまいましたが、2012年11月15日に日本へ帰国し、12月から埼玉での新生活をスタートしています。2012年6月2日から始まった僕らの世界一周旅行は、166日間で幕を閉じました。大きな怪我や病気、トラブルは一切なく(チェコで間違って1か月後のフライトの予約をしたことと、モロッコで人生最大の下痢になったことぐらいかな・・笑)、無事に生きて帰ってくることができたことに感謝しています。旅の最優先事項ですので、嫁さんのご両親に無事のご挨拶ができた時はホッとしました。

帰国して時が経つほどに「みんなに迷惑や心配をかけながらでも、あの時、思い切って旅に出て良かったな」という思いを強くしています。精神的にも物理的にも少し離れたところから今回の旅を眺められるようになり、この半年がどれほど貴重で恵まれたひとときだったかを改めて感じています。今も世界を旅している友人たちには一日一日を120%楽しんでほしいと思います。そして、無事の帰国を願っています。

世界を一周した経験が、将来どういうカタチで活きてくるのか、今の段階でハッキリ見えているわけではありません。ですが、帰国直前に下川さんが「旅の結論をすぐに出すものでもないよ」と言ってくれたように、亡きスティーブ・ジョブズが「trust that the dots will somehow connect in your future」と言っていたように、いつかどこかで、この旅と僕の未来が繋がることを確信しています。その日を楽しみにしながら、これからの生活を大切に歩んでゆこうと思います。

最後になりましたが、僕たちの旅をずっと応援してくれた家族や友人、仕事仲間、周りの方々、旅で出会った人たちに感謝を申し上げたいと思います。皆様の応援がなければ、こんなにも充実した旅にはなりませんでした。本当にありがとうございました。


(サンフランシスコで見た、旅の最後の夕陽)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です