キノシタケ
鎌倉に移住した夫+妻+娘のブログ

情熱の街・バルセロナ編(9/20〜24)

スペイン=情熱の国というイメージを持って入国しましたが、バルセロナは本当にイメージぴったりでした。

というのも、私達が訪れた9月20日〜24日がちょうど、年に一度開催されるバルセロナ最大のお祭り開催日だったため、昼夜問わず街中熱気で溢れていたのです!

しかも、滞在したホテルはメイン会場の目の前。部屋からパレードも見ることができました。

大きな人形と楽器隊が1時間くらい通り続けます。茂雄さんは10分くらいで見飽きてしまい、爆音にも関わらず昼寝していました。

メインのイベント会場では、朝から深夜1時まで何かしらイベントを開催しています。

舞台と一緒になって踊り、歌い、持参のハンカチを振る…バルセロナの人々の一体感は本当に熱かったです!

ずっと行きたかったサグラダ・ファミリア。

朝一の時間でネット予約しておいたので、長蛇の列に並ばず入れました。

柱の一本一本や、光の入り方に何とも言えない芸術性を感じました。言葉で書くと薄っぺらくなってしまうのですが…とにかく感動しました!

グエル公園からの景色も最高でした。よく見るとサグラダ・ファミリアが見えます。

夜は日本でいう立ち飲み屋のバールへ。茂雄さん最高の(^^)でました!

たくさんのピンチョスが並んでいて、1串1.9ユーロ。

人気店なので次々出来立てピンチョスが並び美味しく食べることができます。最後に串の数と飲んだ物を自主申告でお会計。お手軽です。

今回のバルセロナは、私の友人を通してスペイン在住の友人を紹介してもらい、素敵なお店や場所をたくさん紹介してもらったお陰で、スムーズに目一杯楽しむことができました。どこにいても力を貸してくれる、友達の暖かさを感じました。あや、しのさん、本当にありがとう!

最後に…フラメンコの様子です。

情熱の街・バルセロナ編でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です