キノシタケ
鎌倉に移住した夫+妻+娘のブログ

カッセルへ通いやすい穴場の街、ヴォルフハーゲン(Wolfhagen)

五年に一度、ドイツのカッセルで開催されるドクメンタ(dOCUMENTA)には、世界中からアート好きが集まっているので、カッセルはおろか、周辺の街のホテルでさえ予約を取るのは困難になります。それこそ低価格(ダブルで数千円)のホテルやホステルは、いち早く埋まってしまうので長期旅行者には辛いところ。

そんな中、二、三日前でも割と予約が取りやすく、電車で約40分(直通、時々、要乗り換え)と、カッセルに通いやすい穴場を見つけたのでご紹介。ヴォルフハーゲン(Wolfhagen)という、カッセルから西へ20kmほどの所にある小さな街です。

ホテルの数は少ないですが、僕たちが宿泊したHotel Altes Rathausは、駅から歩いて15分、ダブルで6000円弱と、ドクメンタの時期にしては掘り出しもんの条件。部屋も綺麗で、wifiもなんとか使えました。

街には特にこれといった観光スポットはありませんが、小さくはないスーパーマーケットが二つありました。両方とも平日は9時までやっていたかな。夜は人通りが全くと言っていいほどなかったので、カッセルからのお早い帰りをお薦めします。

気が遠い話ですが、五年後のドクメンタに行かれる方の参考になれば。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です