キノシタケ
鎌倉に移住した夫+妻+娘のブログ

軽量化のために郵便局へ、そして近所ではお祭り騒ぎが:世界一周46日目

バックパックのさらなる軽量化を図るため、(嫁さんにとっては断腸の思いで)不要な荷物を日本に送ることにした。BTS Phra Khanong駅にある郵便局へ。

なにこれ。想像していたよりもずっと綺麗。

もっとすごいところを想像していたので、拍子抜けするぐらい。


(セブにある某郵便局。小部屋ひとつのみ)

郵送用の箱を持ってなくても、↓の窓口で購入できるのでご安心を。

おばちゃんがよそみしながら、梱包もしてくれます。荷物は4.9kg、船便で、1100バーツでした。2ヶ月後に到着予定。無事に届くことを祈って。

受付のお姉さんはすごい愛想がよくて、丁寧に書類の書き方を教えてくれた。最後には「ありがとう!」と日本語で挨拶まで。こういうことをされると、外国人へのちょっとした気遣いが、旅人の心をすごく温めてくれることに気がつきますね。

フィリピンでの経験のおかげで、海外の郵便局から荷物を届けることに、なんら抵抗がなくなっていた。少しは成長できたかな。

近所のEkkamai駅に、今日、新しくショッピングモールがオープンしていた。

中はすっかりお祭り騒ぎ。

このモールには日本の企業が中心になって出店していました。特に飲食系。値段は日本の6〜7割ほど。現地からするとかなり高級なんでしょうね、お客さんも綺麗め格好をした、ちょっとお金持ってますよといった感じの人が多かったです。地元の高校生も多かったけれど。

地下にはイオン系(?)のスーパーマーケットが。24時間営業。日本の商品がたくさん並んでいたので、現地で生活している日本人は有難いでしょうね。駐在員っぽい人の姿がちらほらありました。

飲食店とは対照的なのが電気製品のフロア。入り口横の一等地はサムソンに独占されとりました。Sonyは1/10ぐらいのスペース・・。勢いの差を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です