キノシタケ
鎌倉に移住した夫+妻+娘のブログ

What is worth doing, is worth overdoing

「What is worth doing, is worth overdoing」

『ひとつ、村上さんでやってみるか』で引用されていたフレーズで、訳は

「やる価値のあるものは、やりすぎるだけの価値がある」

まぁ、価値のあるものもやりすぎると何かと困ってしまう事が起こるような気もするけど、大抵の人(僕を含め)は大切なことを逆にやりすぎていないことが多いだろうから、それぐらいの意気込みがあってもいいか。

僕にとって、「やる価値のあるもの」を思いつくままざっと挙げると、

  • ジョギング
  • トレーニング
  • 英語の習得
  • 心の通った友人との交流
  • 早寝早起き
  • 収入の柱の構築
  • 読書
  • 旅行
  • 家族と仲良くする
  • 専門スキルを磨く
  • 日誌をつける
  • ブログを更新する

時間をかければまだまだ挙げられそう。ちょっとした価値のあることって誰にでもたくさんあるんじゃないかな。

でも、それをすべてやりすぎちゃうと時間がいくらあっても足りなくなってしまう。自分の価値観に優先順位をつけて、「本当に時間とエネルギーを費やして、やりすぎちゃう価値があるのか?」と自問してからでも遅くはないだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です