キノシタケ
鎌倉に移住した夫+妻+娘のブログ

尼の仕掛け人、若狭健作さんと綱本武雄さん

地下への看板木村さんに教えていただいた扇町のカフェセミナーで、ちょっと面白そうな企画を見つけたんで足を運んでみました。教室のようなところでやるんだろうなと思っていたのですが、現場に着いてみると地下一階にある隠れ家のようなカフェ。飲み物はセルフオーダー式。こんなケースは初めてだなぁ、とワクワクしながらカフェオレを注文。旨し。

今回の講師は尼崎を盛り上げようと活動されている若狭健作さんと綱本武雄さん。尼崎のディープな雑誌を発行したり、地元企業とコラボして醤油セットを開発したり、滅んでいたサツマイモを復活させたり、工場見学クルージングのガイドをしたりと、なにやら面白そうなことをたくさんされていて、自分が地元の枚方を盛り上げるとしたら何ができるかなぁという妄想を刺激されて楽しかったです。

お二人のお話の中で印象に残ったものがふたつ。一つは、新しいアイデアかどうかってよりもそのアイデアを誰よりも熱くやれるかどうかが大事だと言っていたこと。特に目新しいことをやっているわけではなくても、それに掛ける情熱だったり、ちょっとした小さな工夫の積み重ねが大事なのかなと思いました。自分が今、仕事ですすめている企画にも通じる話なので参考になりました。

笑顔が素敵な若狭さん

Pediatrics Rockwall

もう一つ印象に残った話は、尼崎で通用していることをそのまま他の地域に当てはめていてもうまくいかないし、その地域の人たちに失礼だとおっしゃっていたこと。僕のこれまでの仕事の方法は、ある一つの成功モデルをつくってそれを何度も再現させること。でも、最近そのやり方がなんだかつまらんなー、限界だなーと感じていて、ちょうど方向転換しようともがいている最中だったので背中を押された気分でした。

若狭さん(右の写真)、綱本さん、ありがとうございました。尼が数年後どうなっているか楽しみです。そして・・関目も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です